ワクチン・予防接種

ワクチン・予防接種のコンセプト

狂犬病ワクチンの接種は、一年に一回の頻度で義務づけられています。義務ではない混合ワクチンも、大切なペットを守るため、予防の観点から推奨しております。ワクチンの接種は大切なネコちゃん、ワンちゃんの体調をしっかり診察した上で、行いますのでご安心ください。
現在ワクチンに関しては様々な意見がありますので、しっかりと飼い主様の疑問を取り除いた上で行うことを心がけております。

ワクチン

犬のワクチン

狂犬病ワクチン

狂犬病は、人獣共通感染症です。発症すればほとんどのケースで100%死に至ります。幸い、日本では1957年以降発生は報告されていません。しかし、対策のために、狂犬病のワクチン接種は、狂犬病予防法で義務づけられております。飼い主様は自治体に犬を登録したあと、毎年4~6月に接種を行う必要があります。

犬の混合ワクチン注射

当院では、混合ワクチンに関して6種と9種をご用意しています。狂犬病と違い混合ワクチンには接種義務はありません。ただし、当院ではワンちゃんと飼い主様が一緒に末長く健康に生活できるよう、予防のために一年に一回の注射を推奨しております。室内飼いのワンちゃんだと6種ワクチン、室外で飼っているときや飼い主様の環境によっては9種のワクチンを提案しております。

ワクチンで予防できる犬の病気
  • ジステンパーウィルス
  • アデノウィルスⅠ型・Ⅱ型
  • パラインフルエンザウィルス
  • パルボウィルス
  • コロナウイルス感染症
  • レプトスピラ菌など

猫のワクチン

ネコちゃんの予防接種に関しては3種と5種のワクチンをご用意しております。当院では、基本的に3種のワクチンを用いることがほとんどです。
ただし、「外に出ることが多い」「多頭飼いをしている」などネコちゃんと飼い主様のライフスタイルによって、5種のワクチンを推奨することもあります。

ワクチンで予防できる猫の病気
  • 猫ウイルス性鼻気管炎
  • 猫カリシウイルス感染症【猫風邪】
  • 猫汎白血球減少症
  • 猫白血病ウイルス感染症(5種混合)
  • 猫クラミジア感染症(5種混合)