避妊去勢手術

当院の避妊去勢手術のコンセプト

ペットとして動物を飼う上で避妊・去勢手術は必要なことです。望まない妊娠を防いだり、病気のリスクが減少したりと様々なメリットがあります。ただ同時に、避妊・去勢によって体重が増加するケースや、手術の際に全身麻酔を行わなければならないなどのデメリットがあるのも事実です。

避妊・去勢手術は飼い主様にとって不安なこと、わからないことがたくさんあると思います。もし治療を迷われている場合は、しっかりとお話をして、疑問点やお悩みを解決してから次のステップに移りますのでご安心ください。

避妊・去勢手術の目的

望まない妊娠を防ぐ

かつて外飼いのワンちゃんやネコちゃんが多かった時代、望まない妊娠で生まれた子犬や子猫が殺処分されてしまうケースがありました。
現在でも、少なくなったとはいえ、世界的に見て日本の犬の殺処分数は多い状況です。望まない妊娠を防ぐためにも避妊・去勢手術を推奨しております。

将来の病気予防

ペットの高齢化によって、生殖器系統の病気のリスクは増加傾向にあります。避妊・去勢手術を行えば、メスの場合は子宮や卵巣、乳腺まわりの病気、オスは肛門や前立腺肥大などの病気リスクを減少させることができます。メスのネコちゃんに関しても、卵巣腫瘍、子宮蓄膿症を予防できるのがメリットです。

問題行動の軽減

発情中のメスはイライラと気が立ち、オスも欲求が解消されないと問題行動を起こすことがあります。また犬の場合、発情中のメスは血が出ることもあり、室内で飼っている飼い主様はお掃除などが大変です。中性化することで、発情期の問題行動を抑えられ、性格が穏やかになるなどの効果があります。

避妊・去勢によって軽減が期待できる問題行動
  • 発情中の問題行動をなくす
  • 攻撃性の低下
  • 発情中の夜泣きを防ぐ
  • 喧嘩の減少(猫)
  • 喧嘩や交尾による感染症(猫白血病、猫エイズ)を防ぐ(猫)
  • 尿スプレー・尿マーキングの減少(猫)

※問題行動ではありませんが、陰部からの出血の管理の手間も省けます