院長・スタッフ

各務原動物病院 院長 武田聡

ごあいさつ

各務原動物病院では、来てくれた全てのペットを「自分の家族の一員」という思いで治療を行っています。「自分だったらこういうお医者さんにかかりたい」と考えていることを実践し、常に飼い主様の目線に立つことを忘れません。
このコンセプトは、子どもの頃に飼っていた犬が病気になったときの出来事が関係しています。病院に連れて行ったところ、一人のお医者さんが親切に手を尽くし、一生懸命治療をしてくれました。その姿を見て心を打たれ、決意しました。「獣医になろう」と。その人が各務原動物病院の先代院長です。

大切にしていること

私が大切にしていることは、経済面も含めて飼い主様に優しい治療を一緒に考えるということです。実は、私には一度動物病院での勤務を離れて、公務員獣医を行っていた時期がありました。口蹄疫や鳥インフルエンザに対応する部署です。10年間動物病院から離れていたからこそ、ペットに対するお金や時間のかけ方などを、医師としてではなく一般的な飼い主様の目線で考えられるようになったと思います。そのため、闇雲にこちらの提案のみを押し付ける治療はしません。

動物病院と公務員獣医。その二つの経験を軸に、これからも地域に根付いた動物病院として、飼い主様の信頼に応える治療を続けていきます。ペットと飼い主様との健やかな生活のため、お悩みや疑問点があればどんなことでもご相談ください。